LGBTサポート

LGBTサポート


1 LGBTサポートの概要

LGBTQとは、女性同性愛者(レズビアン)、男性同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシュアル)、および性転換者(トランスジェンダー)、性的思考未確定者(クエスチョニング )の5つの頭文字を取った言葉であり、これらの性的志向の方々をまとめて指す総称です。当行政書士センターでは生活に課題を抱えているLGBTQの方々へ法的観点からサポートをさせていただきます。


2 具体的な業務内容

  • 公正証書遺言
  • 任意後見契約書
  • 委任契約書
  • 尊厳死宣言書
  • 死後事務委任契約書
  • パートナーシップ契約書

3 どんな時に相談すれば?

  • 同性の愛を公的に認めさせたい。
  • 大切な人に遺言・遺産を残したい。
  • 同性パートナーの身元保証人になりたい。
  • 2人の子どもを授かりたい。(女性の場合)
  • 同性結婚でも里親になりたい。
  • 2人でパートナーシップを結びたい

上記は一例です。LGBTQの法整備はまだ100点とは言えない状況ではありますが、第三者を含まない パートナー対パートナーの関係の中ではできることはたくさんあります。


4 業務対応地域

首都圏全域(東京,神奈川,埼玉,千葉)


5 ご料金について

LGBTサポート

種類 内容 報酬額(税抜)
遺言・相続 自筆証書遺言の作成 50,000円
遺言・相続 公正証書遺言の作成 80,000円
財産管理 財産管理委任契約

(※パートナーに財産管理を任せたい時)

50,000円
代理人 任意後見契約

(※病気などでパートナーが動けない時の代理人になれる)

50,000円
パートナーシップ パートナーシップ契約書の作成 40,000円

上記はあくまで参考料金となり、実際は状況を鑑みて事前にお見積もりをご提示させていただきます。また、別途 公証人手数料等が発生しますのでご了承ください。


ご相談・お問い合わせ

下記のお問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。(初回のご相談無料です。)



     

    TOP